糖醋蝦仁の作り方/レシピ

糖醋蝦仁
糖醋蝦仁 : 海老の甘酢あん
あんにとろみをつけてからサッと絡める


糖醋(タンツウ)は甘酢、蝦仁(シャーレン)は芝海老などの小さい海老のこと。
サクサクに揚げたエビの天ぷらに、甘酸っぱいあんを絡めた料理だ。
今回は材料に今が旬のさくらんぼを加えてあるが、無ければ酸味を持った季節のフルーツを少量加えてやるとよい。
酢豚にパイナップルが入るのが許せないやつは、にんじん等の野菜に代えるといいだろう。

今回の料理のコツは酢豚のときとほぼ同等だが、まずしっかりととろみをつけてから火を通した材料を加えること。そして絡めるときは短時間で一気に行うことだ。
そうしないとせっかくサクサクに揚げたコロモがベロベロになっちゃうぞ。でもそのベロベロもそれはそれで旨いんだけどな(笑

詳しい作り方は続きに書くぞ

人気blogランキング ← おしておくれ




糖醋蝦仁 (タンツウシャーレン)

材料
無頭殻付海老(小サイズ) 100g(9~10尾)
ピーマン 2個分
玉葱 30g
さくらんぼ 6個(にんじんなどの野菜に替えてもよい)

甘酢あん
酢 大匙4
砂糖 大匙4
ケチャップ 大匙1.5
日本酒 小匙2
水 大匙2
塩 小匙 1/3
水溶き片栗粉 大匙1

揚げ衣
薄力粉 大匙2
片栗粉 大匙1
溶き卵 大匙1
塩 小匙1/4
水 小匙4
ベーキングパウダー 小匙1/2
油 小匙1/2

作り方
下準備
まず海老は殻を剥いて背ワタとってからボウルに入れ、塩少々(分量外)を入れてよく揉み込め。ぬめりが出てきたら水と片栗粉を各大匙1(これも分量外)を入れて揉み、汚れがしっかり浮いてきたところで水洗いをして水を良く切って、拡げた布巾等に海老を均等に並べる。端から布巾をグルグル巻いていき、最後に包んだ布巾の上からぎゅっと掴んで海老の水気を取ってやる。もう海老を潰してしまいそうになるくらい力を入れていいぞ。
すぐ調理に入らないときは乾いたボウルに入れてラップをかけて冷蔵庫に入れておく

ピーマンは種を取り一口大(出来れば三角)に、たまねぎはまず縦半分に切り、皮をむいて一枚ずつはがしてから一口大の乱切りにする。
さくらんぼは洗っとけ。
甘酢あんは水溶き片栗粉以外の材料を予め混ぜ合わせておき、砂糖を溶いておく。

本調理
エビを冷蔵庫から出し、下味として塩胡椒少々と酒小匙1(これまた分量外)を振ってよく揉み込んどけ。
次は衣だ。ボウルに溶き卵と水を入れてから片栗粉を入れて混ぜ、薄力粉を加えサッとかき混ぜろ。少々ダマが残っていてもよい。
続いて塩とベーキングパウダーを入れて軽く混ぜ合わせたら最後に油をたらしてサッと混ぜて衣の完成。ころもは時間がたつとサクッと揚がらなくなるから上げる手前で作るんだ。

中華なべを火にかけてしっかり熱してから油を注ぎ150~160度まで熱する、火は中火。
衣にエビを入れてしっかり混ぜて絡めろ。揚げるときは一尾ずつ尾の部分を持って余分な衣をボウルのふちで切りながら鍋に投入していくんだぞ、手早くな。

油に入れたらすぐに浮いてくるから、順次ひっくり返してやれ。途中でジャーレンですくってエビをクルクル回してやると余計な衣が落ちて綺麗に揚げることができる。
衣の両面がカリッとなれば引き上げていいぞ。つーか逆に揚げすぎないように注意しろ。

エビを全て引き上げたら、更に油の温度を180度まで上げる。
まずたまねぎを入れて一混ぜしたら、ピーマンを加え、更に一混ぜしてジャーレンに引き上げ油をきる。

予め合わせておいた甘酢あんの材料を鍋に入れて火を強める。油を捨てたときに鍋が汚れているようなら一度洗って油慣らしをしてから行えよ。

お玉でかき混ぜながら加熱していき、沸騰したら水溶き片栗粉大匙1を加え、お玉の底でグルグル混ぜろ。とろみが付いてきたら更に油大匙1(分量外)を加えて混ぜ、とろみが強くなってきたところでまずさくらんぼを入れ、一混ぜしてから油通しした材料を一気に加える。
最後に2~3回鍋を煽ってあんを全体にサッと絡ませれば完成、手早く皿に盛り付け供する。
出来立ては餡がアツアツだから気をつけろよ。

この記事へのコメント

中村江里子 : 2008/07/07 (月) 15:02:47

仕事中にこそこそと遊びにきました^^
やっぱり息抜きしないとやってられないですよね♪
今日からまた1週間始まると思うと嫌になります^^;
それじゃあまた遊びにきますね~♪
頑張りましょう!!ぽちぃ☆

れいほう : 2008/07/07 (月) 17:09:09

v-294横山さん
はじめまして。
誠に申し訳ないですが、アダルトサイトのリンクの為、削除させていただきました。
相互も不可能です、ごめんなさい。

v-294中村江里子さん
こんにちは^^
中村江里子さんのブログにはコメント欄がないのですね。
それにしてもよっぽどファンなんですね、文章から伝わってきます。

ばぶお : 2008/07/08 (火) 08:59:41

調味料的は家庭にあるものですね。それなのに、インパクトのでかい一品ですね。やっぱりさくらんぼを使っている炒めものというのが新鮮です。

まめころりん : 2008/07/08 (火) 21:49:51

れいほうちゃん こんばんは はーい酢豚にパイナッポーは
許せましぇん ついでにポテサラにレーズンとかりんごもやだっ

なので代用だな~ でもなんでパイナッポーが入ってるんだろ
酢豚には れいほうちゃんは好き?
なーんか違和感ない??

れいほうちゃんのPC 自作なんだね
私が前の前に使っていたデスクトップはだんなが自作したやつ
だよ~ やっぱり音がめっちゃうるさかった(-""-;)
あと本体がめっちゃ暑くて発火するんじゃないかと思ってたよー
すぐ壊れたけど^^;

れいほう : 2008/07/09 (水) 17:54:18

v-294ばぶおちゃん
さくらんぼ美味しいんだぜ、ばぶおちゃ~ん!

今回の料理、ブログ拍手がのびないのはやっぱさくらんぼのせいかな・・・・・


v-294まめころちゃん
こんにちは^^
パイナップル旨いっしょ?大有りでしょ?、
てゆーかこっちからすると何であそこまで嫌われるかわかんないんだけど。
あー可愛そうなパイナポー!

元消費者金融 : 2008/07/09 (水) 20:39:03

どうも♪突然すいません(ノ◇≦。)
元金融勤めの経験を活かしてブログを書いてる自称ブロガーですw
しかしPCに関しては全くの初心者…(汗)
いい文章を少しでも作るために…参考にと思って遊びに来ましたヾ(*´∀`*)ノ
びっくりさせてごめんなさい、また訪問させてもらいますね~♪

nami : 2008/07/10 (木) 13:43:51

パイナップルは私としては大有りでしたが、さくらんぼは想定外でした!!
昨日もエビチリ作らせていただきましたが、プリプリの食感、家族にも大好評でした
エビマヨもエビチリもたまごのスープも油淋鶏も、もう、レシピ見ないでもいいくらい作らせていただいています
しかし、できたてを即食べて欲しいので、写真がほとんど撮れていません^^
甘酢系も大好き、こちらにも挑戦します
れいほうさまのおかげで、中華に少し(ほんとうはかなり)自信でてきましたー^^

公園の猫 : 2008/07/12 (土) 08:50:46

さくらんぼをつかうなんてすごいっすねぇw
温かいさくらんぼって全然味の想像つきませんが、パイナッポ~みたいに甘味が増して美味しいんでしょうか?
僕は酢豚のパイナッポ~は大好きですよ^^
あれが入ってない酢豚が出てきたときは、なんで入ってないの?って逆に聞きたくなるくらいです。
フルーツを温めるのが嫌って人多いですが、アップルパイとかも美味しいし、みかんの天ぷらとかも意外と美味しいですからねぇ

れいほう : 2008/07/13 (日) 16:14:56

v-294元消費者金融さん
こんにちは^^
うちの文章、全く参考にならないと思うんですけど・・・・

v-294namiさん
こんにちは^^
ありがとうございます^^
酢豚にパイナップルは大有りですか!仲間がいてうれしいです^^
昨日は嫁と外で酢豚を食べましたが、パイナップルは全部私が食べました(笑
何故あれのうまさが理解できないのだろう・・・・

v-294公園の猫さんさん
こんにちは^^
そうです!甘みが増してうまくなるのです!

>あれが入ってない酢豚が出てきたときは、なんで入ってないの?って逆に聞きたくなるくらいです。
素晴らしすぎます!!

ハク : 2008/07/16 (水) 17:54:23

作る時にあらかじめ煮たたせたサンザシを冷まして、合わせに使うかな。甘酢系メニューなら何処かですっきりさっぱりするような食感を出したいから…。

れいほう : 2008/07/18 (金) 14:14:35

v-294ハクさん
なるほど、素晴しいと思います^^

オニ : 2009/09/26 (土) 21:19:28

v-40こんばんは!

以前、こちらの料理を試した時は、さくらんぼを使い、とても美味しく出来ました。今回は、さくらんぼや他の果物が無かったので、酢豚の要領で山査餅を使ってみました。
すると、フルーティーな甘酸っぱさがとても合い、こちらも美味しく頂きました♪

この様に果物を炒めたり、フルーティーな香りを使った料理は日本料理ではあまり馴染みが無いですが、砂糖や酢のキツさをマイルドにしてくれて、とても美味しくなりますね♪

馴染みが無いとなかなか受け入れられない人もいると思いますが、例えばフランスではお米を使ったケーキがあるように、色んな食材の使い方があるんですね。そうやって違う発想に触れたりすると、とても楽しいですし、勉強になります。特に中華料理は素晴らしい発想、技法が詰まっていて、色んな料理を目にする度に、思わず唸ってしまいます(笑)。

れいほう : 2009/09/30 (水) 17:30:07

v-294オニさん
こんにちは。
すっかりコメント返したた気になっていました、すいません(笑

海老天を甘酢で絡めるこの料理はポピュラーで万人受けするはずなのに拍手が伸びないのです。

多分さくらんぼが犯人だと思うのですが、オニさんの仰るとおり馴染みが無いので受け入れがたいのでしょう。

酢豚にしても最初はキウイとさくらんぼを添えていたのですが、不評だったので外した経緯があります・・・・。

この料理はとりあえずこのまま置いておくつもりです(実際こういう料理なので)が、オニさんのような方がいてくれて救われる気分です^^

管理人のみ通知 :

トラックバック



日本橋古樹軒
ふかひれと中華食材の専門店
日本橋古樹軒は品揃えも豊富