麺包蝦球の作り方/レシピ

麺包蝦球
麺包蝦球 : 海老団子の鹿の子揚げ
油の温度は160℃!焦がさずじっくり揚げる


麺包(ミェンパオ)とは中国語でパンの事。
この料理は文字通りエビ団子に刻んだ食パンをまぶして揚げた料理だ。鹿の子揚げだな。

魚介のすり身を使って団子を作る際は必ずと言っていいほど豚の背脂を使う。
そのままだとカチカチになっちゃうから、そうならないように加熱するととろける背脂をちょっと加えてやるわけ。それで卵白と一緒にしっかり粘りが出るまで餡を練り込んでやると、プリプリのフワフワに仕上がるってわけだ。

今回の最重要ポイントは揚げる際の油の温度だ。
揚げる時は160度を守ること。油の温度が高いと表面の食パンが焦げて苦味が出るし、逆に低いと今度は食パンが油を吸って仕上がりがギトギトになっちゃうからだ。
噛んだら油がジュワって出てくるギトギトが大好きなら別にそれでもいいけどな。

じゃあ詳しい作り方を続きで説明するぞ

>>続きを読む


蜜汁排骨の作り方/レシピ

蜜汁排骨
蜜汁排骨 : スペアリブのハニーロースト
香港焼味を家庭で手軽に


以前蜜汁叉焼と言う香港スタイルのチャーシューを紹介したが、あれのスペアリブ版の料理だ。
前の叉焼と違い、材料の入手が容易であるため、より気軽に作れる料理であると思う。
また前回は蜜汁は水飴を使ったが、今回は寄り手軽にするため蜂蜜を使用した。

今回スペアリブは5~6センチくらいにカットしたものを使用しているが、長めにカットされているものでも良い。
ただ、自宅の魚焼きグリルに入る程度のものを用意しろよ。「1本しか入らん」ではちょっと効率が悪いからな。

それでは作り方を続きで説明するぞ。

>>続きを読む


日本橋古樹軒
ふかひれと中華食材の専門店
日本橋古樹軒は品揃えも豊富