担担麺の作り方/レシピ

担担麺
担担麺 : 四川風和え麺(タンタンメン)
本場風の汁の無いものを紹介


名前の「担」とは担(かつ)ぐという意味そのままだ。天秤棒に桶を吊るし、その中に麺を入れて売り歩いていた、元々は夜鳴きそばのようなものだったらしい。
本場の担々麺には汁は入っていない。もし入っていたら担いだとたんにこぼれちゃうわな。

ちなみに現在の汁たっぷりの担々麺を日本に普及させたのは四川料理の神、陳建民氏である。本場の味をそのまま出しても日本人にはウケなかったそうだ。確かに強烈過ぎたのかもしれないな。
今回は少しマイルドにしてあるが、それでもかなり濃厚である。
辛くてこってりとしたものが好きなら、ハマるかもしれないが。

作り方は続きを読め。

人気blogランキング ← おしておくれ

>>続きを読む


貴妃鶏の作り方/レシピ

貴妃鶏
貴妃鶏 : 手羽先の醤油煮込み赤ワイン風味
仕上げに赤ワインを振り、香り高く仕上げる

料理名の「貴妃(クイフィー)」とは、まあ言わなくても分かるかもしれないが、かの世界三大美女の一人である楊貴妃の事である。

彼女がこよなく愛したとされるワインを効かせた料理なのでこの名が付いたと言われているが、彼女自身がこの料理を好んでいたと言う説もある。

確かに手羽先にはコラーゲンが豊富に含まれているので、これを喰らいまくって美肌を保っていたのかもしれないな。

さて、そういう訳で今回は赤ワインを使用した料理であるが、一般的に料理に使う酒と言うのは香りの乏しい安物をあえて選ぶ。上等で香りの強い酒は主張が強いため、味のバランスを崩してしまうからだ。

しかしこの料理については例外、芳醇でボディのしっかりした赤ワインがよく合う。もちろんお酒がダメな人は入れなくても良い。その際はとろみ付けを少し控えめにする事だ。

詳しい作り方は続きでな。

人気blogランキング ← おしておくれ

>>続きを読む


日本橋古樹軒
ふかひれと中華食材の専門店
日本橋古樹軒は品揃えも豊富