エビマヨの作り方/レシピ

沙律蝦球
沙律蝦球 : 海老のマヨネーズ和え
素揚げしたカシューナッツがいいアクセントに


この料理を前回よりももっと気軽に作れるよう簡略化して再紹介したいと思う。
変わった部分はエビのコロモと下ごしらえ、味を損ねない範囲で工程を切り詰めた。
カシューナッツは少し素揚げすることにした。若干の手間が掛かるが、香ばしさとカリッとした歯ごたえがプラスされ、更にいいアクセントになった。

今や中華の定番となったこの料理、更に身近に感じられるはずである。

さて、素材についてだが、海老は出来れば大ぶりのほうが合う。品種は出来れば大正海老などの身の柔らかい物が良いが、背を開くのでブラックタイガーでもいいだろう。
野菜は写真はベビーリーフを使っているが、レタスでもキャベツでも茹でたブロッコリーでも、マヨネーズに合う物なら何でもいい、あまっている物を使え。
詳しい作り方は続きで

人気blogランキング ← おしておくれ

>>続きを読む


奶油白菜の作り方/レシピ

奶油白菜
奶油白菜 : 白菜のクリーム煮
あっさりとやさしい味がする料理を旬の野菜で


奶油(ナイヨウ)とはクリーム煮のことで、色んな野菜や海の幸を使った奶油があるが、今回は白菜を使ったものを紹介する。

以前に生クリームとバターとベーコンを使った少し洋風っぽいものを紹介した事があるが、今回はエバミルクと鶏油で作るより中華的なレシピだ。
味についてはどちらが美味しいというものではない。はっきり言って好みの問題だ。
エバミルクを使って作る料理に興味があるなら試してみるといいだろう。
詳しい作り方は続きでな。

人気blogランキング ← おしておくれ

>>続きを読む


陳麻婆豆腐の作り方/レシピ

陳麻婆豆腐
陳麻婆豆腐 : 四川風麻婆豆腐
麻・辣・燙、麻婆豆腐の三拍子!


こちらは前回に紹介した麻婆豆腐に比べ、より本格的な四川風の麻婆豆腐だ。
味も香りも如何にも中国料理といった感じで決して一般ウケはしないが、ヤケドするほどの熱さや、汗が噴出すほどの唐辛子の辛さや、ヒリヒリと痺れるような花椒の辛さが好きな人にとってはたまらないのである。

私が作る麻婆豆腐の中で、絶対に外せないのがピーシェン豆板醤である。こいつが“旨味”の重要な要素になるので是非とも揃えて頂きたい。この料理には陳年3年物のまだ赤みを残したものがいいだろう。
多分手に入りにくい素材だと思われるので下にネット通販のリンクを貼っておく。豆板醤の他に四川の永川豆鼓、漢源花椒、朝天辣椒なども扱っているので興味がある方は利用されたい。
>>三明物産㈱オンラインショッピング<<
>>日本橋古樹軒 ピーシェン豆板醤<<

肉は和牛ロースと書いたが、肉質の良いものであればモモやランプ等の赤身でもいい。
辣椒面、豆鼓、花椒はいずれもフレッシュなものを揃える事。特に花椒は香りの強い物が欲しい。匂いが飛んだものを挽いて使っても口当たりが悪くなるだけだぞ。

まあ能書きはこの辺に留めて置くとして、詳しい作り方を続きに紹介しよう。

人気blogランキング ← おしておくれ

>>続きを読む


日本橋古樹軒
ふかひれと中華食材の専門店
日本橋古樹軒は品揃えも豊富