宮保鶏丁のレシピ/作り方

宮保鶏丁
宮保鶏丁 : 鶏肉とカシューナッツのピリ辛炒め
ビールとよく合う四川の名菜、ナッツを外せばメシの供


賽の目に切った鶏肉とカシューナッツを甘辛く炒め合わせた料理。
ウチのブログでも特に人気の高い料理の一つだ、知ってる人が多いのかどうか知らんが、まあ四川の名菜の一つだな。
よく似た料理で腰果鶏丁(ヨウコウチィティン)と言うものがあるが、こちらは広東料理で辛くない料理。腰果(ヨウコウ)はカシューナッツの意味ね。

「宮保」(コンパオ)と言うのは昔の四川の官職の名前の事で、その宮保のオッサンが好んだ味付けと言う意味らしい。現在では一般的に「唐辛子や山椒の香りと辛味を移した油で炒めて、甘くて辛くて酸っぱくてみたいな複雑な味付けを施した料理」と言う意味で用いられている。
鶏丁(チィティン)は鶏肉のさいの目切りの事。(チィンチィン)じゃないからな、読み方間違えるなよ、特にお嬢様方!

詳しい作り方は続きに書くぞ

人気blogランキング ← おしておくれ

>>続きを読む


日本橋古樹軒
ふかひれと中華食材の専門店
日本橋古樹軒は品揃えも豊富