白灼帯子の作り方/レシピ

白灼帯子
白灼帯子 : 貝柱のボイル
レタスはシャキっと、貝柱は柔らかく仕上げる


今回はサッと湯に通すだけの簡単料理だ。レタスもホタテもサッと湯がいてタレをかけて出来上がり。
ただホタテはしっかり下ごしらえをするぞ。ちゃんと下ごしらえをしてやれば縮まないんだ。縮まないってことは硬くならないってこと。中華料理のエビやイカはプリプリしててうまいだろ?ホタテも同じように仕上げてやるぞ。
作り方は続き。

人気blogランキング ← おしておくれ

>>続きを読む


芝麻醤の作り方/レシピ

芝麻醤
芝麻醤 : あたりごま
自分で作ったほうが安上がりで美味しい


芝麻醤(ツーマージャン)というのは高いくせに担担麺や棒棒鶏なんかを作っているとすぐ無くなってしまう。
はっきりいって自分で作った方が断然お得。香りも良いし作り方も丁簡単!
よく使う人は是非自作するべし!

芝麻醤 (ヂィーマージャン)

ごま材料
洗いごま 100g
サラダ油 大匙3
胡麻油 大匙3

作り方

中華鍋に洗いごまをいれ、弱火にかけ乾煎り。
絶えず鍋を振り続け、ごまの香りがたってきたらボウルに移す。炒り過ぎたら苦くなるから気をつけろよ。
粗熱が取れたらフードプロセッサーにかけ荒いペースト状にする。(写真のような感じ)
再びボウルに移し、熱したサラダ油と胡麻油を入れ、よくかき混ぜ完成。
保存は冷蔵庫で、賞味期限?結構持つんじゃないの?知らんけど。うちは1~2ヶ月くらいで使い切ってるけどな。

人気blogランキング ← おしておくれ

蝦米白菜の作り方/レシピ

蝦米白菜
蝦米白菜 : 干しえびと白菜の煮込み
見た目どおりの素朴な味、調理も簡単


蝦米(シャーミィ)とは干しえびのことで、別名で海米(ハイミィ)や、金鉤(ジンゴウ:金の釣り針)などとも呼ばれたりする。幸田シャーミンとは何の関係もないぞ。
今回は干しえびと白菜だけの簡単な家庭料理だ。干しえびの香りが好きであれば、作ってみて損は無いだろう。

蝦米白菜 (シャーミィパイツァイ)

材料
中華スープ 600cc
白菜 400g
干しえび 大匙1.5
老酒 大匙1
塩 適量
胡椒 少々
水溶き片栗粉 適量
白葱・生姜

作り方
したごしらえ
まず干しえびは戻しながら臭みを和らげてやる。サッと洗って、適当な器にひたひたになるより少し少なめの水に漬け、そのうえに白葱の青い部分10㎝くらいを小口切りにしたものと、小指サイズの生姜の薄切り3~4枚、老酒大匙1を加え、ラップをしてレンジで5分“チン”だ。本当は蒸すが、レンジでもおんなじ様なもんだから簡単なほうがいい。
中華スープは素を使えば良い。濃度は水臭い程度でとどめておく。
白菜は芯の部分は長さ5~6㎝、幅1㎝ほどの細切りにし、葉の部分はざく切りにする、手でちぎっても良い。葉と芯の中間の部分は半分~3等分程度、長さ5㎝程度にカット、厳密でなくてもいいぞ。

本調理
鍋にスープを入れて沸かし、沸騰したら干しえびと戻し汁(葱と生姜は取り除く)をいれ、再び煮立ったら弱火に変えて白菜を芯の部分から入れていく。
全て入れ終わったらそのまま20分ほど煮込む。この間混ぜなくていいぞ、ほっとけ。
20分たったら塩と胡椒(好みでウマ味調味料)、で味を整え、最後に水溶き片栗粉で薄いトロミを付けて盛り付ければ完成だ、深めの皿がよいな。
干しえびは上にちりばめてやったほうがきれいに見えるぞ。

人気blogランキング ← おしておくれ

葱油(ネギ油)の作り方/レシピ

葱油
葱油 : ネギ油
簡単に少しだけ作りたいときに便利


市販のネギ油を購入して使用するのもよいが、簡単に作れるものだし、自分で作ったほうがやはり香りがよいので作り方を紹介しよう。
ネギ油は家庭ではそんなに頻繁に使用しないと思うので、今回は便利な少量のレシピを紹介する。
>>多めに作りたい場合はこちら<<

葱油 (ツォンヨウ)

材料
白葱(みじん) 大匙2
しょうが(みじん) 小匙1/2
ピーナッツ油 大匙2(なければサラダ油)

作り方
耐熱性のある皿にみじん切りにした白葱、その上にみじん切りにした生姜を盛り、200度超に熱したピーナッツ油を回しかけ、こして出来上がり。
うわっ、短っ!!

人気blogランキング ← おしておくれ



搾菜(ザーサイ)の仕込み方/レシピ

搾菜
搾菜 : ザーサイ
自分で仕込めばうまさも倍増!


スーパーに行って桃屋のザーサイを買う
 ↓
ふたを開けて食す
 ↓
(゚д゚)ウマー 

これでもいいが、塊を買ってきて自分で塩抜きをして食べるザーサイは格別だぞ。自分の好みの味に出来るしな。
作り方も非常に簡単だから今回は「追記」は使わん。

ザーサイは中華料理では最も多用される漬物である。
和え物はもちろん、炒め、スープ、薬味など味や形を変えて様々な料理に登場する。暇があったら紹介するかも。

搾菜 (ザーツァイ)

材料
搾菜 1塊(120g程度)
ごま油 小匙2



作り方
今回は漬物を作るぞ。まずさっと水で洗っとけ。切り方は自由だが出来るだけ均等に切れよ。俺の切り方は何だこれ?薄切りって言うのか?

塩抜きするぞ、たっぷりの水に漬けとけ。出来れば水にもこだわれ、水も食材だからな。まあ素で飲めない水で漬けるのは、何にしてもよくないな。
塩抜きをする時間は物によって違う、塩加減がバラバラなんだよ。だからちょこちょこ味見して見計らいを付けろ、自分が好きな漬物の塩加減に合わせれば良い。味見する時は表面の水気をちゃんと拭けよ。俺のは20~30分くらい漬けたかな?

中華鍋洗え、油ならししたら油をよく切ってごま油を入れ、水をよくきったザーサイをいれ、サッと炒める。
再度ザルに上げ、冷めたら完成だ。簡単だろ?

人気blogランキング ← おしておくれ


日本橋古樹軒
ふかひれと中華食材の専門店
日本橋古樹軒は品揃えも豊富